病院向けフードソリューション

ナリコマの常食・介護食と院内調理の治療食との
ハイブリット運営で、一定の効果を上げています

地域医療構想に基づく診療報酬の改定により、病院経営における食の位置づけが変化してきました。
人材不足や入院患者の高齢化も年々深刻化しており、病院さまを取り巻く環境は厳しさを増しています。
これらの課題を解決するために、多数の病院さまがナリコマをいち早く導入しています。

入院患者の7割超は65歳以上。
入院患者の高齢化が進み介護食調理の負荷は増える一方。

厚生労働省が2017年に実施した「患者調査」によると、入院患者のおよそ73%が65歳以上の高齢者。入院患者の高齢化は年々進んでおり、さらに2025年には団塊の世代が後期高齢者の年齢に達するため、介護食の需要はますます高まると推測されます。
ここで問題になるのが、厨房での介護食調理負担の増加です。介護食は普通食に比べて数倍の工数がかかり、食材から調理すると大変な負荷になります。
ナリコマでは、365日・毎食、普通食と横並びの介護食をご用意しています。介護食の調理が不要になることで、業務量を大幅に削減することができます。

外来と入院の年齢別構成比 ※厚生労働省平成29(2017)年「年齢階級別にみた施設の種類別推計患者数」より作成

患者1人1日当たりの給食部門の収支は、
全面委託・一部委託・完全直営の全てで赤字。

2017年に厚生労働省により行われた「入院時食事療養の収支等に関する実態調査」によると、給食部門の収支は、運営方法に関わらず「赤字」という厳しい状況に置かれています。また2025年には社会保障費はさらに増加すると見込まれており、ますます厳しくなると予想されます。
ナリコマでは3形態の介護食も、毎食普通食と横並びでご用意しており、クックチル食品を再加熱して盛り付けるだけで提供が可能のため、シフト時間の短縮などにより、人件費の大幅な削減が見込めます。収支を改善し、安定運営を継続している事例も多数あります。

患者1人1日当たりの給食部門の平均支出額(外部委託等別) ※「厚生労働省実施平成29年度『入院時食事療養の収支等に関する実態調査』、病院の給食部門における収支状況にかかる調査。※医療療養病床の割合が全病床(介護療養病床を除く)の60%以上の病院のうち、介護保険事業に係る収入が、病院全体の収入の2%未満である病院を含む」より作成

経営者

  • 人件費・食材費の高騰
  • 社会保障費の増加
  • 人手不足

管理栄養士・厨房責任者

  • 栄養管理に専念できない
  • 事務仕事が多い
  • スタッフの高齢化

厨房スタッフ

  • 業務が多く、負担が大きい
  • 介護食の調理負荷が高い
  • 重労働で、人が安定しない

介護食調理の負担削減や給食部門の赤字の軽減にナリコマ は取り組んでいきます!

私たちが考えるフードソリューションとは

フードソリューションとは「経営課題を解決するための手段」です。
自社セントラルキッチンで作られた栄養管理の行き届いた「お食事サービス」に、業務を効率化する「各種サポート・ツール」と、少人数で安定的な厨房運営を可能にする「人材・教育サービス」。さらに、運営アドバイザーが厨房収支の分析から改善策をご提案する「経営サポート」を加えてご提供します。
「少人数制の健全で安定した厨房経営」「利用者・従業員満足度の向上」によって経営課題が解決され、安定経営につながります。

お食事提供の基本の流れ

  • 発注・検品
    発注はWebシステムに食数を登録。検品は届いた商品のQRコードを読み取ります。
  • 再加熱
    スチームコンベクションや湯せんで温め直します。
  • 盛り付け
    調理レシピを参考に盛り付けます。
  • 配膳
    お食事を配膳します。

運用方法は2パターン

スタンダードプラン

届いたクックチル食品を再加熱・盛り付けるだけだから、シンプル&簡単で衛生的。大掛かりな設備や調理器具も必要ありません。

効果の例

  • ・給食部門の収支を改善できた
  • ・介護食を調理する必要がなくなり、シフト時間を大幅に削減できた
  • ・最少人数で厨房を運営でき、人手不足が解消された
  • ・職場環境が改善され、人材が定着した
  • ・管理栄養士が栄養管理に専念できるようになった
  • ・人件費と水光熱費が削減できた
  • ・厨房をコンパクトに設計でき、必要経費を削減できた

ニュークックチル方式

冷たいまま盛り付けたクックチル食品をタイマーに合わせて自動で再加熱。配膳時間にとらわれない時間配分で、運用によっては早朝・遅番の無人化も可能です。

効果の例

  • ・早朝・遅番を完全無人化することができた
  • ・給食部門の収支を改善できた
  • ・介護食を調理する必要がなくなり、シフト時間・人件費を大幅に削減できた
  • ・管理栄養士や厨房スタッフの募集をすると、求人を選べるようになった
  • ・職場環境が改善され、人材が定着した
  • ・管理栄養士が栄養管理に専念できるようになった
  • ・厨房をコンパクトに設計でき、必要経費を削減できた

ナリコマを活用したハイブリット運営

ナリコマの常食・介護食を活用することで煩雑な業務が減少します。

病床機能によって課題は様々です。
現状をお伺いし、最適な運営プランをご提案します。

厨房の安定運営に必要な調理レシピやシステム、
導入後の経営をサポートする人的サービスが含まれます。

詳しいサービス内容や料金などはお気軽にお問い合わせください。

  • 経営サポート
  • 調理レシピ
  • 検品システム
  • お悩み解決サイト
  • 帳票アプリ
お問い合わせ

サービス導入までの流れ

  • STEP 01

    ヒアリング

    運営状況は病院さまによって千差万別。規模、提供方法、病床機能、厨房のスタッフ数、予算など詳細にお伺いすることで、隠れていた課題が顕在化する場合もあります。

  • STEP 02

    シミュレーション

    運営方法や食数だけでなく、人員配置やシフト時間もプランニング。食材費に加えてその他の給食経費についても併せてシミュレーションすることで、厨房運営にかかるトータルコストを算出します。

  • STEP 03

    企画・ご提案

    お伺いした内容を基に、病院さまに最適な運営プランをご提案いたします。また、新規病院の運営をご計画のお客さまには、厨房設備の企画も含めた、最適な運営方法をご提案いたします。
    ※ご要望に応じて、プレゼンテーションや試食会の開催も可能です。ご相談ください。

  • STEP 04

    ご契約

    ご提案内容・お見積り金額にご納得頂けましたら、ご契約へと進みます。

  • STEP 05

    導入準備

    運用開始後にスムーズな病院経営・厨房運営が出来るようサポートいたします。食数発注の操作説明や事前研修のほか、状況に応じて、人員確保や事前説明会の実施などもご相談ください。