このビジネス、社会課題を解決する。

製造(管理)/課長

2018年中途入社

製造本部 生産技術部

建設工学科卒

生産技術部の役割
データや最新技術を駆使して、生産効率の改善・生産性向上を目指します。既存工場の改善だけでなく、新工場の新規ライン計画や工法開発も担当。生産全体や経営などより広い視点から提案を行い、生産をエンジニアリングすることが求められます。
  • 現在の仕事内容を教えてください

    生産技術部では主に新工場の計画や、既存工場の改善、生産効率の向上を担っています。そのためには新製法の開発や、新しい機械設備の導入も考えます。昨今製造業においては、労働者不足は大きな課題の1つです。今までと同じやり方では、今後生産できなくなってしまいため、省人化、高効率化は最も重要な取り組み課題です。社内においては最も高額な案件を扱う部署の一つでありますので、費用対効果や経営に与えるインパクトも考慮し、合理的な視点で正確な判断ができるよう努めています。

  • ナリコマのいちばん好きなところと、その理由を教えてください

    ポジションに関わらず、色々なことに取り組めることは面白いです。他部署であっても、「あれやってみようよ」と関係する人たちに声をかければ、すぐに動いてくれます。チャレンジしてうまくいかないことも往々にしてありますが、決して悲観的になることなく、また前向きに次の事柄に対して取り組める明るさがあるところは魅力的です。

  • あなたが今もナリコマで働き続ける理由を教えてください

    成長中の企業ですので、まだまだ取り組まなくてはならない課題が山積しています。機械技術の面に限らず、自分の持っている知識や経験、持っている物を全て活かせば、より会社の発展に貢献できると確信していますし、まだまだ活躍できる場も機会もあると感じています。

  • 「この仕事をやっていてよかった」と思う瞬間はどんなときですか?

    生産技術部の人間は、直接お客さまと接する機会はないですが、我々にとっては工場で働いている人全員がお客さまです。その方々に、自分が計画した内容で「ラクになった」「便利になった」とお礼を言っていただけたときは最高です。また仕掛けを打って、工場の生産成績が上がったときなどは、ニヤリとします。

  • 働く中でご自身の意見、アイデアが採用されたと感じるエピソードを教えてください

    現在取り組んでいるプロジェクトは、生産現場を図る指標づくりです。今までナリコマで用いられてきたものから、”生産重量”、”人数”、”時間”といった演繹的定量次元に統一するように作り直している最中です。既成概念を変えるのは大変ですが、より高レベルな工場を目指すべく、注力して取り組んでいます。