このビジネス、社会課題を解決する。

製造(生産)/係長

2013年中途入社

製造本部 大阪工場 仕分課

調理専門学校卒|初任配属 製造(生産)

仕分課の役割
製造した商品を事業所ごとに正確に仕分け、時間通りに出荷準備を行うことで、お客さまの信頼維持に貢献します。取り扱う商品は管轄工場の商品だけでなく、他工場で生産された商品や原材料、衛生用品など多岐にわたります。契約施設数も増える中で、より効率よく正確に運営するための仕組みづくりも求められます。
  • ナリコマのいちばん好きなところと、その理由を教えてください

    新しいことに挑戦しているナリコマ、新しいことに挑戦させてくれるナリコマが好きです。私はアルバイトから社員になりましたが、関東工場の立ち上げやジョブローテーションなど非常に多くのことを経験させていただきました。入社してさまざまな部署を経験できたからこそ、新しい環境に変わる度に知識や経験を積むことことができ、とてもよい刺激となりました。ナリコマは上司との距離も近く、部下の意見も多く取り入れてくれます。自分の意見で始まった案件があると、より責任感も芽生えやすく、やりがいを感じながら働き続けられています。

  • 入社してからこれまで、いちばんの「挑戦」は?

    関東工場竣工の際に、立ち上げメンバーとして上司から推薦されました。その期待に応えたいとう気持ちと、経験したことがないことができるという気持ちで挑戦しました。立ち上げの際には、各部門の方と意見を出し合い、全員で一つの目標に向かって進んでいく雰囲気がとても好きでした。

  • 入社してから最も大きな「壁」はなんでしたか? また、それをどのように乗り越えましたか?

    関東工場の立ち上げの際は後輩も多く、これまで教わる側だったのが教える側へと変わりました。年上の方や年下の方、国籍が違う方もいる中で、頭ではわかっていても言葉にできなかったり、思っていたことと意図しない伝わり方をしてしまったりと苦労も多かったです。また、意見や考えをまとめて、一つの方向に全員で向かっていく難しさも痛感しました。何度もミーティングや個人面談を重ねて、自分の思いを伝えつつ、相手の思いも汲み取り、お互いを知りあう努力を重ねました。大変なこともありましたが、成功や失敗を繰り返しながら部署一丸となって乗り越えることができ、みんなが一つになったときの大きな力を学べた貴重な経験にもなりました。

  • 働く中でご自身の意見、アイデアが採用されたと感じるエピソードを教えてください

    自部署の意見を大小関わらず吸い上げたり、他部署・他工場の業務方法を見学し、自部署に展開したりして、働く人がよい環境で仕事ができるように努めています。その他にも、今までナリコマでは使ったことのない機器にも着目し、システム変更等で作業方法を変えたり、棚を設置し作業負荷の軽減を行ったりと改善をしています。まず挑戦しそれから改善を重ねて、よりよい環境づくりをしようという想いで取り組んだ結果、働く人から「やりやすくなった」などの言葉をもらえたときはとても嬉しいです。「やってよかった。次はもっと喜んでもらえるようにしよう」と次への励みにしています。