このビジネス、社会課題を解決する。

製造(生産)/主任

2017年新卒入社

製造本部 大阪工場 包装課

農学科卒|初任配属 製造(生産)

包装課の役割
製造調理された食事を各事業所の発注数に応じて正確にパッキングを行い、お客さまの信頼維持に貢献します。製造における最終工程であるため、製品不良等に気付き対処することで商品の安全性を担保する役割も担っています。包装資材や食品のロスを削減させる、また生産効率を向上させるための取り組みも重要な仕事です。
  • ナリコマが持つ「ここだけは絶対に他社には負けない」ポイントは?

    部署や部門を越えて仲がよいところだと思います。大阪工場では課や部署間の垣根なく、大阪工場という一つのチームとしてお互いが助け合う仲だと思います。以前に機械が故障して全く動かなくなってしまったときには、普段事務所で仕事をしている製造管理課や品質管理課の人も応援に来てくれ、みんなで一丸となって業務を行いました。ここまで部門の垣根を越えて助け合える会社は、なかなかないのではないでしょうか。

  • ナリコマのいちばん好きなところと、その理由を教えてください

    やってみたい、ということに対して、後押ししてくれる人が多いところです。今までの改善業務で、自分がこうしたい、こう変えてみたい、と意見を出した際に、否定されたことはあまりありません。先輩や上司が前向きに検討し、後押ししてくれたおかげで、自分の考えや意見が実現できたということもあります。役職や階級に関係なく、意見を出しやすいという雰囲気も好きなところです。

  • 入社してからこれまで、いちばんの「挑戦」は?

    入社して初めて自分の考えた事案を生産現場へ展開したことです。自分の頭で考えたことを自部署だけでなく、他部署を巻き込んで形にしていくことは、今までの学生生活ではなかった経験であり大きな挑戦でした。事案を進めるにあたっては難しいことも多く、くじけそうになることもありましたが、最終的に形となり成果が出たときの達成感は何物にも代えられません。

  • 「この仕事をやっていてよかった」と思う瞬間はどんなときですか?

    間接的にですが、ご利用者さまや施設さまから「ごはんがおいしい」と言っていただけるときです。工場で働いていると、なかなかお客さまの声を直接聞くことはありません。そのような中で、営業職や栄養士職の同期たちから聞く、お客さまからの喜びの声は大きな原動力になっています。