このビジネス、社会課題を解決する。

製造(管理)/主任

2014年新卒入社

製造本部 商品企画部 献立課

生命工学科卒|初任配属 製造(管理)

商品企画部献立課の役割
ナリコマの特長である365日献立を実現し、お客さま満足度の向上に貢献。全国10万人以上の喫食者にお届けする毎日の食事の献立の作成を手掛けます。献立作成にはおいしさや栄養価はもちろん、セントラルキッチン方式の特性上、製造負荷や厨房での提供工数など、さまざまな要素を献立に落とし込む調整力が求められます。
  • 入社してからこれまで、いちばんの「挑戦」は?

    新しい献立の立ち上げに携わったことです。再加熱カート専用の献立を立てるため、実際に再加熱カートを使用している施設さまに伺ったり、食事提供のオペレーションを見学させていただいたりと、さまざまな部署の人と話をして献立内容のマニュアル作成を行いました。

  • あなたが今もナリコマで働き続ける理由を教えてください

    主任となり、厨房現場だけではなく、自分が所属している献立課の部署自体の業務改善もしていきたい気持ちが強まってきたからです。献立作成業務では、システム部と連携して属人的な業務になっている部分を精査してシステム化を進めています。今後もより正確で質の高い献立作成を行うことを目指して取り組んでいきたいです。

  • 現在と未来のナリコマについて、それぞれどのような人が活躍できる会社だと思いますか?

    どの部署も共通して、「もっとよくしていきたい」という向上心や改善意識を持っている人が活躍できる会社だと考えます。ナリコマはまだまだ成長途中の会社のため、普段の業務の中に改善できる箇所が多くあるためです。そして、実際に働いている人も、向上心や改善意欲が高い人が多いため、同志として働くことができます。

  • ご自身の仕事を振り返ってみて、ナリコマはどんな課題を解決していると思いますか?

    献立は内容によって、お客さまの満足度向上はもちろんのこと、厨房や工場で働く人の業務負荷の軽減にも繋げられます。また、使用する材料などによって会社の収益にも大きな影響を与えることも可能です。献立作成の仕事は、お食事を召し上がる方に辿り着くまでの流れの源流に位置する役割だからこそ、より広範囲の課題の解決に関わっていると感じています。