このビジネス、社会課題を解決する。

運営本部/係長

2015年中途入社

運営本部 システム部

経済学科卒

運営本部システム部の役割
社内外問わずICTシステムを用いた課題解決支援を行います。お客さまにとって価値のあるシステムを提供することで、サービスの独自性を高め顧客満足度の向上に繋げます。また社内のさまざまな部署に対してもICTを利活用した業務改革提案・支援を行い、経営に貢献します。
  • 入社のきっかけを教えてください

    事業内容や売上推移に成長性を感じたからです。成長にともない、開発するシステムの規模や数、業務の幅も大きくなるため、継続して多種多様なシステム開発経験を積めると考えました。また、数億円規模の大規模システム開発に向けてのメンバー募集だったことも理由の一つです。大規模なシステム開発に初期段階から携わることが、自身の成長に繋がると考え入社を決めました。

  • 入社してからこれまで、いちばんの「挑戦」は?

    入社後1年程経過したタイミングで、数億円規模の大規模システム開発の発注機能設計に挑戦する機会がありました。まだ社歴も浅く、発注業務の知識も乏しい状態でしたが、責任の大きな仕事を経験したいと考えてチャレンジしました。お客さまや他部署から、機能面で数十個の要望を受け、それぞれの要望を満たす画面レイアウトや発注手順を設計できたことは、現在に繋がるよい経験になっています。

  • あなたが今もナリコマで働き続ける理由を教えてください

    システム的な知識や技術の習得のみでなく、仕事を通じてコミュニケーション能力や交渉力、課題解決力、発想力などヒューマンスキルの向上が実現できているためです。システム部の仕事は、単にシステム化の依頼内容を忠実に実現することではありません。企画段階から、自身の知識やノウハウを活かしたアイデアを出しつつ、より付加価値の高いシステムを依頼部門と共につくりあげることがミッションです。そのため仕事を通じてさまざまなスキルを身に付けることができています。

  • 現在と未来のナリコマについて、それぞれどのような人が活躍できる会社だと思いますか?

    相手の立場で物事を考えられる人です。より効果の高いシステムを実現するためには、システムに対するニーズやお困りごとを、相手の立場に立って的確に把握し、システム要件に反映すること、さらにシステムの操作方法や利用シーンをユーザーの立場で想定しシステム設計に反映することが重要となるためです。

  • 「この仕事をやっていてよかった」と思う瞬間はどんなときですか?

    自身が開発を担当したシステムに対して、「操作も簡単で業務負担が軽くなった」「システム化によりミスがなくなった」など、感謝やお褒めの言葉をいただけたときです。特に社内システムにおいては利用者が社内メンバーで距離が近いこともあり、システムへのリアクションをダイレクトにもらえるため、大きなやりがいに繋がっています。