このビジネス、社会課題を解決する。

厨房職・栄養士職/チーフ

2016年 新卒入社

営業統括本部 近畿支店 CS課

栄養学科卒|初任配属 厨房職・栄養士職

栄養士職(チーフ)の役割
担当厨房の責任者として食事提供に関わることに加えて、人の育成や労務管理・食材費のコントロールなどの管理業務にも携わります。厨房業務だけでなく、運営アドバイザーに同行した直営施設の訪問や営業セミナーの支援など、厨房業務の経験を活かして活躍の場を広げています。
  • ナリコマのここは直したいというところを、その理由を教えてください

    今までは何がどう評価されているのか、自分のレベルがどのくらいなのか、何を頑張れば評価が上がるのかわからない状態のこともあり、不安に思うこともありました。しかし現在は、レベルや評価項目が明確にわかるようになり、日々評価が上がるように考えながら仕事ができるため、モチベーション維持にも繋がっています。また、上司が自分の思っている以上に見てくれていることもわかりました。今は特に直してほしいと思うことはありません。

  • あなたが今もナリコマで働き続ける理由を教えてください

    一見毎日同じ仕事の繰り返しのようにも見えますが、実際は全くその逆です。日々献立やスタッフの組み合わせが違うので、一日の段取りを決めて、自分の想像通りに終わらせることができたときの達成感や、新たにできることが増えたときのうれしさが仕事をするうえでのモチベーションになっています。同年代の社員とご飯に行くのも楽しみで、職場は違いますが、共感できる話が多いので楽しく、次はいつ集まれるかなと思いながら日々過ごしています。

  • 現在と未来のナリコマについて、それぞれどのような人が活躍できる会社だと思いますか?

    栄養士職の観点から考えると、チームワークを大切にする人です。私たちの仕事は、決められた時間にお食事を提供するのですが、これは一人では難しい仕事です。スタッフ全員で協力しなければできないことだからこそ、日々のコミュニケーションを大切にできる人が活躍しています。他には、自身の厨房経験を活かした提案ができる人も活躍しています。

  • ご自身の仕事を振り返ってみて、ナリコマはどんな課題を解決していると思いますか?

    スタッフ2~3名で100名以上のお食事を提供していること自体が社会課題解決につ繋がっていると思います。最初はそんな大量のお食事提供を少ない人数で本当にできるのか疑問で、不安もありましたが、慣れると全く問題なくできるようになりました。実際にパートスタッフ採用の面接でも、厨房スタッフ数に対する提供食数に驚く人も多いですが、皆さん必ずできるようになっています。これからますます高齢化が進み、働き手が少なくなるため、少ない人数で満足のいくお食事を簡単に提供できるナリコマのシステムは、これからの社会課題の解決に繋がると考えています。