このビジネス、社会課題を解決する。

会社を知る

社員が選ぶ!
ナリコマのココがすごい

1. みんながHAPPYになる仕組み

ナリコマが目指すことは、私たちのサービスを通じて、食事を召し上がる方も施設経営者さまも、さらに介護や医療に携わる方、みんなのHAPPYを実現することです。私たちのサービスを利用したことで、施設栄養士さまが本来の業務に専念することができた結果、利用者満足度が向上した例もあります。また、業務負担が軽減されたことで介護職員の離職率が改善し、施設運営にかかるトータルコストが低減し、経営が安定した施設さまも少なくありません。

私たちは、厨房運営を「根っこから変える」という誰も考えつかなかったことを考案し、実現してきました。だからこそ、私たちの持つノウハウに、全国の福祉施設・病院さまが注目し、高い評価とともに全国へ拡大しているのです。今後も一歩先の時代を見据えて、今はまだないサービスを創出し、超高齢社会でも持続可能な仕組みを提供していくことが私たちの役割です。

2. 食の喜びを追求した商品開発

ナリコマでは「嚥下困難や咀嚼困難になっても、同じ献立・量・質で、誰でもおいしく食べられるお食事を提供したい」という想いを胸に、365日毎食異なる献立を、普通食・ソフト食・ミキサー食・ゼリー食の4形態でお届けしています。特に介護食は、食材の色や風味を損なわない専用の方法で製造。さらに、食欲がわくように、味や質のみならず見た目にもこだわっています。

毎食異なる献立で4形態のお食事を製造・提供し続けることは、簡単ではありません。しかし、「お食事を通じて生きる喜びを提供したい」という創業以来変わらぬ想いを実現させるため、今後も様々な工夫を続け、不可能と思われることを可能にしていきます。

3. ICTシステムや最新技術を利活用した独自の生産体制

ナリコマは早期から労働力の減少を見据えて、他社に先駆けて設立初期からセントラルキッチン方式を導入しています。セントラルキッチンで大量一括調理した商品を各事業所へお届けすることで、厨房の業務負担を減らしながらも品質の高いお食事を提供することができます。

さらに、お客さまからの発注から生産、提供までをICTシステムで一元管理することで、日々異なる数多くのメニューの大量生産を実現しています。高度に情報化されたシステムにより、短期間で120~160種類もの商品を毎日生産し、わずか5日でお届けすることが可能となりました。

今後もさらなる生産の効率化・自動化に向けてICTシステムや最新技術を積極的に取り入れながら、技術革新を行うべく挑戦を続けます。

4. 超高齢社会に必要不可欠なフードソリューション

私たちが提供するサービスは、食事だけではありません。私たちのお客さまである介護施設や病院の経営において、厨房の安定運営は重要な課題の1つです。この課題を解決するべく、サービス導入後も収支面や人材面など様々な角度からトータルでサポートします。

「どうすればより少ない人員で円滑にお食事の提供ができるのか」「コストのムダはどこに隠れているのか」などの具体的な課題に対して、私たちが培った運営ノウハウを活用し、人的支援やシステムツール・マニュアルなどのサポートツールを活用して支援しています。

労働の質に比べて少ない報酬、人材不足が引き起こす長時間労働など、超高齢社会はいくつもの問題を抱えています。未来を明るいものにしていくためには、お客さまが抱える課題の根本からの解決が必要です。これを実現に導くサービスが、私たちのフードソリューションなのです。

5. 現状維持だけでない医療分野への新しい挑戦

昨今では、病院などの医療機関からの需要も高まっており、全国各地からオファーをいただいています。医療機関においても人材不足の深刻化、また入院患者の高齢化が進み、福祉施設と同様の課題を抱えています。私たちはこれまで培ってきたノウハウを活かして、医療分野においてもお客さまの課題解決を目指していきます。しかし、医療機関で提供される食事は、これまで私たちが提供していた喜びや楽しみを目的としたものではなく、治療を目的としたものです。

そのため、入院患者の方に提供するためには、これまでの知見に加え様々な取り組みや工夫が必要となっています。

もちろん簡単なことではありませんが、社会のニーズに応え続けるため、チャレンジングな課題にも私たちは挑み続けます。