このビジネス、社会課題を解決する。

運営アドバイザー

運営アドバイザーの仕事

営業が描いた課題解決提案を実現する、ナリコマ独自の職種

運営アドバイザーの役割は、既にご契約中の病院・高齢者施設に対してそれぞれの課題に合った解決策をご提案し、実現していくことです。30年以上の間厨房運営を担ってきたナリコマには「利用者満足度向上」「コストダウン」「人材不足解消」の3つを実現する厨房運営ノウハウがあります。厨房運営は病院・高齢者施設の経営に大きなインパクトを与えます。経営パートナーとして具体的な改善活動を行う仕事です。

ナリコマのフードソリューションにおいて、契約はゴールではなく通過点

ナリコマのフードソリューションとコンサルティングにおいて契約は通過点でしかありません。お食事を納品した後、当初の提案通りに課題が解決されているのか分析し、更に新たな課題に対する改善提案およびその実現をするまでのサポートを行うことで、はじめてナリコマのフードソリューションを提供できたと言えます。運営アドバイザーは、基本的には契約後のサポートに特化していますが、お客様の課題解決を実現するために必要であれば、ご契約前の段階から営業と一緒にお客様へヒアリングし、解決策をご提案することも多くあります。

厨房運営の課題を全方位から解決する

「コストを抑えたい」「厨房スタッフの採用・育成に苦労している」「効率的で無理のないシフト組みをしたい」「いつもとは違う特別なメニューで喜んでもらいたい」「病状に応じたお食事を提供したい」「簡単に発注がしたい」など厨房運営の課題は多岐にわたります。そうした課題を解決に導く提案を行うには、経営者層はもちろん施設栄養士、厨房スタッフなど厨房運営に関わる様々な方の声に耳を傾け、実際に自分の目で厨房を知ることが重要となります。

この職種の先輩社員インタビュー

ページの先頭へ戻る