このビジネス、社会課題を解決する。

製造(生産)

製造(生産)の仕事

病院や高齢者施設の「食」のインフラを支えるため、美味しさ・安全性・生産効率の改善提案がミッション

全国2000施設以上、1日約31万食、365日×3食毎日異なるメニューで、途切れることなく美味しい安全な食事作りの心臓部が工場(セントラルキッチン)の製造職です。病院や高齢者施設の「食」のインフラを支えていると言っても過言ではありません。増え続けるニーズと人手不足が加速する社会で、より高品質・高効率な製造を実現し続けていくことが求められています。

医療現場の多様なニーズに対応できるセントラルキッチンをつくっていく

ナリコマは医療福祉給食業界で一早くセントラルキッチンを導入し、様々な困難を乗り越えて365日異なる献立でお食事を提供するノウハウを蓄積してきました。「美味しい」「厨房運営が楽になる」お食事の提供はあたりまえ。超大量調理のセントラルキッチンでありながら、一般的には難しいと考えられている細かなニーズへの対応も可能な製造体制を実現し、高齢者福祉施設だけでなく病院を中心とした医療のニーズにも応えていきます。

必要なのはスピード感、成長しながら改善する

お客様のニーズに応えてセントラルキッチン製造の食数は5年で1.5倍以上、美味しさを求めて新メニューやレシピ改良は年間数百件~1000件。ナリコマでは量と質の向上のために常に改善活動を繰り返しています。調達、調理、包装、仕分け、物流、それらをつなぐシステム・・・様々な部署と連携し、多くのパートスタッフと協力しながら実現していきます。改善に取り組み、その結果成長するのではなく、成長しながら改善していく。このスピード感が、ナリコマが先駆者であり続けるための源泉だといっても過言ではありません。

この職種の先輩社員インタビュー

ページの先頭へ戻る